キャニオニングは、蛭(ヒル)がたくさんいます。

キャニオニングは、蛭(ヒル)がたくさんいます。

今日のツアーは、キャニオニングでしたが、大半のお客さんが、蛭に食われて、大変でした。ツアーから帰ってきて、まず、シャワーを浴びて、着替えたら、患部を、消毒し、次にガーゼを当てて、テープで押さえます。大体、3時間は出血が止まりません、でも、患部は痛いわけではありません。血が止まると、少し、かゆい感じですね。RIMG0002


PAGE TOP